脂肪肝

脂肪肝の症状や予防、原因についてまとめた脂肪肝サイト

脂肪肝ってどんなもの?

肝臓に脂肪がたまってしまい、まるでフォアグラのようになってしまう病気を脂肪肝と言い、日本人の4人に1人は脂肪肝になっていると言われているほど多くの患者がいる病気です。原因は食べ過ぎや飲み過ぎによって余分なコレステロールや中性脂肪が肝臓に溜まってしまっていることです。

肥満傾向の人の20〜30%の人は脂肪肝だと言われています。このまま放置しておくと、心筋梗塞や狭心症など、心臓の合併症を起こすことが多いため、早めに治療を行うことが必要となります。

「脂肪がたまっているのならダイエットをすればいいのではないか?」と思われがちですが、ただダイエットをするだけでは脂肪肝は解消されないばかりか、逆に肝臓に負担をかけてしまうことにもなりかねません。ダイエットのために極端な食事制限を行ってしまうと、まずは肝臓に蓄えられているグリコーゲンをエネルギーとして使います。
それでもエネルギーが不足してしまうと、筋肉や肝臓のたんぱく質を分解して糖を作り出し、エネルギーとして使用する糖新生という状態になってしまいます。

これでは肝臓の機能が低下してしまい、中性脂肪やコレステロールは残ったままという状態になってしまいます。
ダイエットをしながら脂肪肝を解消するには、体脂肪をエネルギーとして使用するために有酸素運動を週三回以上のペースで行ったり、アルコールは控えめにする、脂肪や糖質の摂取を控えめにする、などの方法で健康的にダイエットを行うことが必要になります。

気づきにくいが本当は怖い「脂肪肝」

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が蓄積されすぎている状態のことを言います。 世界三大珍味として有名なフォアグラは、鴨の脂肪肝のことなのです。 肝臓では脂肪酸から中性脂肪が作られ、肝臓の中に蓄積し必要な時にエネルギー源として消費されます。

しかし、消費するエネルギーよりも蓄積する中性脂肪のほうが多くなると、肝臓はどんどん中性脂肪を溜め込んでしまうのです。 肝臓細胞のうち30パーセント以上が脂肪化している状態が脂肪肝です。
脂肪肝は肝硬変や肝臓ガンなどの恐ろしい病気を引き起こすこともあるので、注意が必要です。 脂肪肝になってしまう原因は、飲酒・食べ過ぎなどが挙げられます。

アルコールを摂取すると、そのほとんどは肝臓で分解されますが、この過程で中性脂肪が大量に作られてしまうのです。 お酒に強い弱いは関係なく、肝臓には脂肪が蓄積されていっているのです。 また脂質を含んだものを食べると、脂質はまず脂肪酸へと分解され、それから肝臓で中性脂肪へと変えられます。

脂質の多いものを大量に食べると、中性脂肪がどんどん作られ、不要な分が肝臓へ溜まっていくのです。 肝臓は「沈黙の臓器」と言われており、脂肪肝の場合も自覚症状が出ないのが怖いところです。
気づいたときには手遅れだったということにならないように、定期的に検診を受け早めに異変を発見することが大切です。

また、乱れた食生活や飲酒を見直して、脂肪肝にならないようにしましょう。 そしてよく運動をして、溜まった脂肪をエネルギーとして消費するようにしましょう。

脂肪肝の症状と予防について

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が溜まりすぎている状態のことで、概ね肝細胞の30%以上が脂肪化している場合が該当します。 暴飲暴食や運動不足による肥満など、生活習慣が主な原因とされ、肝硬変や肝臓癌へと移行する危険性もあり、注意が必要です。 食事によって摂取された脂質は、本来であれば肝臓で脂肪酸やブドウ糖に分解された後、エネルギーとして利用されます。

しかし、脂分を過剰に摂取したり、運動不足により消費エネルギーが少ないと、再び吸収され肝臓で中性脂肪として蓄積されていきます。 栄養の過剰摂取や運動不足以外でも、脂肪肝になることがあります。

例えば、体脂肪が標準より多い状態、いわゆる肥満体質になると、肝臓での脂肪の分解能力が落ちるために脂肪が溜まりやすくなるほか、お酒を飲み過ぎると脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。
脂肪肝の代表的な症状としては、疲労感や肩こりがあります。肝臓に脂肪が蓄積されても、特に痛みなどを生じることはありませんが、血流が悪くなることで体内の代謝が滞り、疲れやすくなるほか慢性的な肩こりに悩まされることもあります。

肝臓を元の状態に戻すには、カロリーオーバーとならないよう食事を適量とし、定期的な運動を心がけ、飲酒を控えることが大切です。
食事の際には、毎食必ず野菜を摂り、脂質と同時に糖質も摂り過ぎないよう注意する必要があります。これらは治療であると同時に予防にもなるため、日々意識的に生活することが重要となります。

脂肪肝って何?放っておいても大丈夫なの?

「会社の健康診断で脂肪肝って診断されちゃったよ」とか「俺脂肪肝だからお酒は控えてるんだよね」など、結構普段の会話でも脂肪肝という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

でも、一体脂肪肝ってなに?肥満のひとのこと?みんな結構平気そうだけど、そのままにしておいてもいいの?など疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。  
まず脂肪肝というのは、肝臓に脂肪が過剰に蓄積した状態のことを言います。腹部エコーによる画像診断と血液検査によって診断され、医学的には肝臓内の細胞の30パーセントに脂肪空砲が見られる状態のことを言います。  

30代から40代で発症するひとは多く、近年特に発症するひとが急増して、なんと推定患者は3000万人はいると言われています。一般的に無症状なので、気づかないうちになっている人がほとんどなのです。  ですから対策として脂肪肝によいサプリメントを飲むことが大切です。

脂肪肝の原因ですが、遺伝やアルコールや高脂肪食などの大量摂取により肝臓の脂肪分解処理が追いつかずに肝臓に脂肪がたまり、発症するひとが多いです。そのため糖尿病や高脂血症と併発するひとも多いのです。そのため一番の治療は生活習慣の改善になります。

■「食べ過ぎない」
■「飲み過ぎない」
■「適度な運動を」
この三つを心がけることで慢性化を予防することができる上、治る可能性も大いにあるのです。  

最後に、脂肪肝は近年、肝炎や肝硬変へ移行するリスクもあることがわかってきました。なので、診断された場合は決して放置せず、今までの生活習慣を見直す良い機会だと思って、食生活や運動をバランスよく整える努力をぜひしてみてください。

PAGE TOP

脂肪肝の症状や予防、原因についてまとめた脂肪肝サイト
Copyright (C) 2014 気づきにくいが本当は怖い脂肪肝 All Rights Reserved.